親と子の未来が明るく輝いたものになるように
妊娠中からの「こころの子育て支援」をいたします!
所在地:大阪市東淀川区東中島1-17-5
ステュディオ新大阪306
  1. 講演情報
 

講演情報

2010/01/14

 

 

この講演会は終了いたしました。

 

赤ちゃんを知ろう♡

赤ちゃんを抱いたことがありますか?

赤ちゃんについて考えたことがありますか?



赤ちゃんは、何を考えているのかな?

赤ちゃんは、どうしてほしいとおもっているんだろう?

赤ちゃんとのコミュニケーションなんてとれるのかな…?



赤ちゃんはしっかり見つめて、話しかけてもらうと喜びます♡

赤ちゃんはとっても不思議です。

一緒に赤ちゃんについて考えてみませんか?





















日時 2010年 1月13日(水)

13:00〜14:00
場所

カスタくんの町家(インターネットで探してね。


075-223-0810)


定員 10名(学生、友達どうし、カプッルでもOK)
参加費 500円(当日受付でお支払いください。お土産付き)





お申し込みは メールで ( yamada@llc-mirai.com  )

  @参加希望者の名前

 Aタイトルに「赤ちゃんを知ろう」参加希望と書いてLLCみらい まで



2010/01/04

 

 

2010年度ヘネシー澄子先生の「愛着の講演会」の開催日程が変更になりまりました。

 

 

 

 5月28日(金)京都 → 6月18日(金)

 

 5月29日(土)大阪 → 6月19日(土)

 

 

 

 時間、会場、詳細については決まり次第ホームページにてお知らせいたします。



2009/11/04

 

 

このミニ講演会は終了いたしました。

 

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。



2009/10/27


この講演会は終了いたしました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。






児童福祉法の改正により、平成21年度から家庭訪問による子育て支援「こんにちは赤ちゃん訪問」とそれに続く「子育て支援家庭訪問事業」が各地で始まっています。乳幼児期という人の基礎を築く大切な時をどのように支援していけばよいのか?

アメリカ・オレゴン州の「健康な出発(ヘルシースタート)」の取り組み、その意義と内容について、オレゴン州ポートランドでヘルシースタートを研修されている同朋大学の白石淑江先生からケーススタディーを交え、紹介して頂きます。 


























日時 2009年10月24日(土)13:15〜15:30(受付13:00〜)
場所 キャンパスポート大阪 ルームA(大阪第2ビル 4階

 TEL:06-6344-9560)
対象 赤ちゃん訪問

子育て支援に携わる人

乳幼児に関わる専門職 他
定員 40名※定員になり次第、締め切らせていただくことがあります。
参加費 3000円(資料代含む)

続き
2009/10/25


児童福祉法の改正により、平成21年度から家庭訪問による子育て支援「こんにちは赤ちゃん訪問」とそれに続く「子育て支援家庭訪問事業」が各地で始まっています。乳幼児期という人の基礎を築く大切な時をどのように支援していけばよいのか?

アメリカ・オレゴン州の「健康な出発(ヘルシースタート)」の取り組み、その意義と内容について、オレゴン州ポートランドでヘルシースタートを研修されている同朋大学の白石淑江先生からケーススタディーを交え、紹介して頂きます。 



























日時


2009年10月24日(土)13:15〜15:30(受付13:00〜)

場所


キャンパスポート大阪 ルームA(大阪第2ビル 4階 TEL:06-6344-9560)

対象


赤ちゃん訪問

子育て支援に携わる人

乳幼児に関わる専門職 他

定員


40名※定員になり次第、締め切らせていただくことがあります。

参加費


3000円(資料代含む)

続き
2009/09/19




・母子の愛着が大切なことなど、具体的に話を聞かせて頂く事が出来て、すぐ実践できる内容でよかったです。 





・親との愛着関係はお腹の中にいる時から始まっており成長する過程として、とても大切であることあらためて気づきました。また、脳の仕組みはとても深く成長に関わっていることに驚きました。



・愛着の大切さを改めて認識しました。いろいろな機会でまた先生の話を聞かせてもらえたらと思います。人の絆を結ぶ上での大切さ 人の温かさを先生より知ることができました。 





・脳の発達、脳神経のしくみなど分かりやすく聞けた。子どもの心の成長に愛着の大切さを再確認できた。

これから母親・父親になろうとする人たちにぜひ聞いてほしい内容でした。 





・乳児に関わる仕事なので、とても勉強になりました。実践できることはどんどん行っていきたいと思います。子どもを一人の人間として大切にして、しっかり向きあっていきたいと思います。 





・2年前、そして去年は大阪で愛着の絆について澄子先生のお話しを伺いました。何度聞いても「そうだな」と思い、とても勉強になります。脳の仕組みについては難しいですが、きちんと理解し、他の人に伝えられるようになりたいと思います。いつも新しい話題が含まれていて、とても楽しいです。アメリカを思い出しました。 





・ヘネシー先生のお話しのされ方がとてもここちよく耳に届きました。もっと聞きたいなとの思いを強く持ちました。専門的なことを分かりやすく講義して頂き、愛着の大切さは分かっていたのですが、脳の働きを通してなぜ大切なのかより理解することができました。ありがとうございました。 





・理解していると思っていたことでも改めて聞くと、そこからまた新しい学びが多くありました。まだまだ勉強不足を痛感するばかりです。まだまだ自分の脳は発展途上であることを信じて、これからもめげずに勉強していきたいと思います。今日はありがとうございました。 





・具体的な脳のしくみや、胎児、生後3ヶ月の関わりとても興味深かったです。試してみようと思います。 





・愛着、親の役割、脳の発達など基本的で大事なことが感覚的かつ理論的に、よく理解させてもらえました。 





・人間関係の原点に戻った気がしました。愛着関係に問題があっても修復できると聞き安心しました。脳の話はいつも難しくて苦手でしたがとても分かり易くて納得しました。 





・著書と講演を併せ脳発達の科学的知見を得ることができました。幼児期からのケアの大切さを分かっているつもりでも、それを現場でどのように実践していけばいいのか、子どもの姿をどう見立てればいいのかを考えるヒントになりました。 





・保護者の方に、子どもの理解を促すためにとても参考になりました。演習も目に見えて分かりやすく、保護者支援に使いたいと思いました。 





・医学的な分野は少し難しく感じましたが、結局は人が生きていること、感じること、行動すること全て脳の機能によって支配されていることがよく分かりました。愛着関係もどう関わられるかによって脳が刺激され成長していく過程が興味深かったです。 科学的に子育て支援をする…挑戦してみたいと思います。 





・愛着障害があると分かっている親子に対する手だてが次に必要なので、次回もぜひきたいと思います。ヘネシー先生の直接の講演が聞けてたいへんうれしく思いました。 





・赤ちゃんをタオルで包み、血流を聞かせたり、ゆらしてあげたりすごく効果があるようで、ためしてみようと思います。今後、職場で役立つ知識を身につける事ができ嬉しく思います。職場の仲間にきちんと知識を伝えようと思いました。楽しく受けられた講演でした。 





・脳科学に裏付けられた発達や子育てに関する最新情報、愛着の絆がうまく築けていない乳児を抱えた親子にたくさん出会いますが裏付けをもって接していけば、見守っていけばきっと良い方に向かっていってくれると励まされる研修でした。ありがとうございました。またアメリカからの最新情報を期待しています。 





・時間が足りない程、内容のこいお話で、興味深かったです。先生の明るいお人柄にも元気をもらいました。ありがとうございました。「愛着の絆が子どもの一生の幸福の鍵となる」身のひきしまる思いです。

・先生の書籍を読んで参加させていただいたので、内容がとてもわかりやすく、理解を深められることができました。 





・脳科学を含めてのお話しはとても分かり易かったです。日々最新の情報をとりまぜ、勉強していく大切さを感じました。(先生の熱意に圧倒されました。) 





・脳の視点から、愛着障害をとらえていて、何故そうなるかがよく分かりました。子育ては生まれてからでなくすでにお腹の中から始まっているけれど、ずっと続いていくものなので、あきらめたりせず、働きかけていくことが大事であると思いました。 





・愛着の大切さを再確認すると共に、脳の発達・ホルモンの事などもっと視野を広げて自分自身も学び、子育て支援に活かしていきたいと思いました。 





・先生の話は2回目で脳の話をもっと聞いて、子育てに生かせるようにときました。子育て支援センターで、お母さんたちに話ができたらと思います。今日のお話しは前回聞いたことをよりもっと深められてとても良かったです。 





・愛着の絆と脳の関係がよく分かり、とても興味深いと思いました。子育て支援センターで若いお母さんと関わる仕事で、子どもとの関係を築く大切さを伝えていきたいです。 





・愛着障害について知人の先生から話を聞かせてもらって、是非ヘネシーさんの講演を聞きたちと思い参加させて頂きました。乳児期における母親の愛情がその子の人生に大きく関わることは分かっていましたが、それ以前の胎児期からの影響の大きさに驚きです。脳のしくみの話も大変興味深く聞かせて頂きました。 





・先生のお人柄も含めて、大変楽しく、役立つ研修でした。また是非機会があれば先生のご講演に参加したく思います。 





・とても内容の濃い、素晴らしい講演でした。学ぶことが多く、ぜひまた参加させていただきたいと思います。紹介して下さってどうもありがとうございました。 





・ヘネシー澄子先生の講演は脳の生理的な発達とあわせてあり非常に興味がありました。また修復的愛着療法の研修を再度受けたいと考えています。 





・実際に、現場で役立てていきたいと思います。母親と接する機会も多いので、今日の研修を活かしたいです。

・脳のお話はとても興味をもたせていただきました。もっとお聞きしたいです。特に愛着に問題を持っていると思われる子が小学生になってからどのように愛着を形成するのか知りたいです。 





・こんにちは赤ちゃん訪問等で話を伺いたく参加致しましたが、話がほとんどなく残念でした。

・とても参考になりました。脳科学は少し苦手で、敬遠しがちだったのですが、今日のお話を聞いて、しっかり情報をキャッチしていこうと思いました。愛着障害やトラウマへのアプローチについても興味を持ちましたので、またその話についても聞かせて頂けたらと思っています。 





・以前にも先生の話は聞いたことがありましたが、改めて確認できたことと、また新しく知り得ることができ、とても充実していました。子どもたちと関わる仕事をしていく中で、その時々を一生懸命にはやっているのですが、たくさんの課題があるので、それをひとつでもクリアできるよう今回の講義を参考にしていきたいです。 





・長く子育てに関わってきました。続ける中でなぜ?という部分がたくさんありました。脳のしくみを通し、理論的に説明して頂き、よく理解できました。さっそく孫でためしてみます。これから家族支援も続けていく中で大変勉強させて頂きました。愛着関係のやり直しができる事を聞いて、安心しました。 





・脳の発達からおさえた子どもの育ち、親子(大人)との関係が理解できやすかった。科学的なおさえの大切さが今の時代は必要であり、わかりやすい事がよくわかりました。 





・愛着の絆の大切さをあらためて考えさせられました。脳のしくみについても、もっとも勉強していきたいと思います。次回先生が出版される本を楽しみにしています。 





・とっても具体的な話でわかりやすく、あっという間の時間でした。保育の現場を離れ久しかったのですが、復職の機会があり、迷っていたのですが今日のお話しを聞き、私がこれまでやってきた保育のやり方を再確認し、前向きに考えられるようになりました。 





・ヘネシー先生の講演は、いつも得るものがあり、自分を見つめ直すいい機会になります。このような機会を与えてくださった、LLCみらいさんに感謝します。 





・仕事の振り返りと、今後の活動に取り入れていきたいことが多くありました。現実には思うようにいかないこともありますが、今後の方向性を考える手がかりになりました。 





・“愛着”という事に難しさを持っていたけれど、今回の研修を受け身近な愛着がとても大事だということ。又、演習やビデオなど、わかりやすさもあり勉強になりました。 





・目で見てわかる実習が良かった。 





・赤ちゃん訪問に生かしていきたいです。演習、お母さんたちとやってみたいです。 





・泣きやませ方法など、とても効果がありそうで、ぜひお母さんたちに伝えたいと思いました。科学的根拠があると、他の同僚PHNにも伝えやすく、父母に指導する際にも説明しやすいです。これまで知らなかったことがたくさんあり、これまで父母にあいまいな方法を伝えてしまっていたなと反省しました。妊婦・胎児からの支援の大切さを改めて思い知りました。 





・あらためて『愛着』の大切さを感じた。小説・映画などで感情豊かな人間になり、愛着関係について自分自身も実感できるようになりたいと感じた。脳についても学べました。 





・脳の回路形成の演習は興味深かった。ハーヴィ・カープ博士の5Sの抱き方には、長期的follow up研究が必要ではないでしょうか。 





・愛着関係の大切さが脳科学的に理解でき良かった。なかなか聞けない内容なので大変勉強になりました。



                           

ご参加くださった皆さまありがとうございました。

2009/07/14
こころの子育て講演会 in  京都 & 大阪



ヘネシー澄子先生の「愛着の絆はなぜ大切なのか」




講演:ヘネシー・澄子先生



この講演は、新しい脳の研究から分かった事柄を交えて、親との愛着の絆とはなにか、乳幼児期の親のはぐくみが子どもの心身の成長にいかに大切であるか、親と結んだ愛着の絆が子どもに心的な弾力性を与え、一生のうちに起こる様々な苦難を乗り越えて行くことが出来ることなどを解説し、こんにちは赤ちゃん事業や家族支援家庭訪問をする助産師・看護師・保健師やソーシャルワーカーや日常乳幼児に関わる保育士、幼稚園教諭ほか子育て支援に携わる人たちに、アメリカのHFAで行っている愛着の絆を築く家庭訪問を紹介する。












































日程 2009年@京都 9月11日(金) A大阪 9月12日(土) 
時間 @京都 18:15〜20:30 (受付18:00〜)

A大阪 13:15〜15:30 (受付13:00〜)
場所 @京都 こどもみらい館 第1研修室(4階)

最寄り駅:地下鉄烏丸線 丸太町

A大阪 キャンパスポート大阪ルームE・D 第2ビル(4階)

最寄り駅:JR東西線北新地 地下鉄四つ橋線西梅田
対象 乳幼児に関わる専門職、赤ちゃん訪問、子育て支援に携わる人、他
定員 @京都 80名 A大阪 80名
参加費 3000円(資料代含む)

会費は当日受付でお支払いください。
主催 LLCみらい 〜ココロで向き合う子育て支援〜
申込み締め切り日 申込み締め切りは8月31日(月)です。

定員がございます。お申込みはお早めに!
お問い合わせ

お申し込み
お問合せはLLCみらいまで TEL:06-6392-1369 

 
申込:FAX 06−6392−1369 

メール E‐mail:yamada@llc-mirai.com

 参加希望会場 京都  大阪

@参加者氏名

A連絡先住所

B連絡先電話番号/FAX

CE‐mail アドレス

D所属

E職種

※申込受付後参加証をお送りしますので記入漏れのないようにお願いいたします。

続き
2009/05/27
この講演会は終了いたしました。

ご参加いただいた皆様ありがとうございました。






ケンプアセスメントの紹介




講演:ベッツィー・ウィラ・デュー女史

通訳・解説:ヘネシー・澄子先生



「こんにちは赤ちゃん事業と子育て支援家庭訪問プログラムの成功のために」児童福祉法の改正により、平成21年度より実施されることになった「こんにちは赤ちゃん訪問」とそれに続く「子育て支援家庭訪問事業」を家族のニーズにそって行えるように、アメリカの「健康な家族アメリカ(HFA)」運動で使われているケンプアセスメントを紹介する講演です。



ケンプアセスメントとは、ケンプ博士が10項目にわたる家族の直面するストレスを計る「ケンプ家族ストレスチェック」を作り、ハワイの「健康な出発」プログラムでテストし後に、このチェックリストを家族の危険度だけでなく、子育てする時の「強み」をもはかれるように「両親調査」に書き換えたものです。

現在この両親調査はアメリカ各州の「健康な出発」「健康な家族」プログラムで、家族の持っている強みとこれから学ばねばならないニーズを確認し、家族と訪問の契約を作るのに使われています。

日本の家庭支援の訪問者がこの10項目をよく頭に入れて家族の話を聞き、家族のニーズにこたえられる訪問が行われるように願っています。










































日程 2009年6月10日(水)
時間 10:00〜16:30(受付9:30〜)
場所 大阪市立社会福祉センター 第1会議室(3階)

最寄り駅:近鉄上本町  地下鉄 谷町9丁目
対象 赤ちゃん訪問に携わる人 子育てに関わる専門家 他
定員 70名
参加費 5000円(資料代含む)

会費は当日受付でお支払いください。
主催 社団法人家庭養護促進協会

LLCみらい 〜ココロで向き合う子育て支援〜
申込み締め切り日 申込み締め切りは6月1日(月)です。

定員がございます。お申込みはお早めに!
お問い合わせ

お申し込み
家庭養護促進協会大阪事務所までお電話ください。

[ 電話 ] 06-6392-1369

続き
<<  <  8  9  10 

LLCみらい

TEL/FAX:06−6324−1225

所在地:大阪市東淀川区東中島1−17−5

ステュディオ新大阪306

お問い合わせ