親と子の未来が明るく輝いたものになるように
妊娠中からの「こころの子育て支援」をいたします!
所在地:大阪市東淀川区東中島1-17-5
ステュディオ新大阪306
  1. 「愛着を深めるために:子どもと波長を合わせる方法」受講生の声 京都

「愛着を深めるために:子どもと波長を合わせる方法」受講生の声 京都

ヘネシー澄子先生の「愛着を深めるために:子どもと波長を合わせる方法」受講生の声

2010年6月18日(金) IN こどもみらい館(京都)

  • 今日は講演を受けさせて頂いてとても良かったです。
    養護施設に勤めているのですが、子どもとの関係の取り方に頭を抱えることがよくあります。
    今日教わったことをすぐに実践して気持ちの良い愛着関係を築きたいと思います。
    落ち着く方法や集中力を高める方法がとても大事だと思いました。有難うございました。
  • 普段運動の前後にしているストレッチも似たような形で入っていて、もう一度人と触れ合う事の素晴らしさ、体を動かすことでの気持ちの変化を理解することができました。
    少しずつ現場で取り入れ、子ども達へさせるだけでなく、職員のストレス解消やセルフコントロールの手段にしていきたいと思いました。
  • 楽しく出来て良かったです。
    先生の笑顔はとても自然でいいです。素敵です。
  • 体を動かすことでいろいろな筋肉(日常生活ではあまり動かさないようなところも)を動かし、とても気持ちが良かったです。
    とても楽しさも感じられ、子ども達と一緒にして遊んでみたいと思いました。
  • 体を使い、バランスを整えられる感じがした。
    講演だけではなく、演習というカタチで取り入れられるのは身に付きやすいく、楽しく出来ると思いました。
    やってみると予想以上に大変。バランス感覚や体力が必要と思った。
  • 体をしっかり動かせ、取り組みやすかった。
    自分は修学前の子どもを担当しているため1つ1つの作業を伝える琴を難しく感じたが、時間がある時にゆっくり関わって、少しでも使っていきたい。
    特に多動の子どもに使っていきたいと思いました。
    自分が忘れてしまわないよう覚えておきたいです。
  • ワークショップ形式でとても楽しみながら学ぶことができました。
  • 自分ができるムーブメントばかりなのが嬉しい。
    ヘネシー先生の指導の方法や、お顔や声がとても優しく過去や現在のトラウマが消えそう。
    少なくなりました。
  • 少人数の演習のため、分かりやすくすぐに役立てられそうです。
  • 子どもと波長を合わせることが愛着形成に大切だということを学び、確かに体を動かすことで笑顔になれると思いました。
    私の今対象としている子どもは乳児なので、できることを考え活用していきたいと思いました。
  • とても楽しく受けることができました。
    施設の子ども達と楽しみながらやっていきたいと思います。
  • ブレインジムにより心の安定感や安心感を得ることができると思いました。
    お話も分かりやすくてとても良かったと思います。
    忘れないうちに教えて頂いた事を、実際に使わせて頂きたいと思います。
  • 児童養護施設で早速やってみたいと思いました。気分がスッキリして、今とても気分がよいので、担当児にも是非薦めてみます。
  • 楽しく出来たことがとても良かった。
    ワークショップで戸惑うかと内心はドキドキしていたので。
  • 遊びの中の動作に入れたりできるかなと思って動きました。
  • トラウマを癒したり、集中力を高めることはブレインジム以外にも私たちが日常にしている事の中にもあるように思う。
    今日之が大事だという原則を教えてもらったのでなにげなくやっていた活動の大切さを再確認できた。
  • 頭スッキリ、体ホカホカ、楽しく学ばせて頂きました。
    カード作ってやろうと思います。忘れないうちに。
  • 1つ1つの動き、意識してすることで新しい発見がありそうです。ラジオ体操も笑って楽しんでみます。
  • 体操の足首柔軟やそのほか体をいろいろ動かせて良かったです。
  • ヨガに通じた呼吸法など知っているものもあり、身近に感じました。
  • あっという間だったので実践できるか不安です。
    自分が今みている担当児が幼いため、まず自分自身にやってみようと思います。
  • 普段の生活で深呼吸をしたり、ゆっくりと過ごす時間も余りなく、今日このような時間を待つ事が出来、自分が落ち着き、無になれた気がします。
    子ども達と愛着関係を作っていく中で、是非試してみたいと思います。
  • 見せてもらうだけでなく、一緒に体を動かして、してもらえたのでより判りやすかったです。
  • 自分のリフレッシュになりました。
    この事で、また子どもとの波長合わせたできたら楽しい関係が広がり深まっていくと思います。
    トラウマに聞くかの実践をやってみたいと思います。
  • 目的を持った各ワークを具体的に知れてとても良かったです。
    発達相談や、自分の子育てに活かしていきたいと思いました。
    合わせるとか、調律する事の大切さとともに、合わせるとか、調律が難しい子どもにどう合わせていくか難しい課題で、今後考えていきたいと思います。
  • 呼吸を整え、リラックスすることがいかに大切かが分かりました。
    日々の中で追われることが多く、子どもと同じなのではないかと思います。
    まずは心を落ち着かせ、脳を活性化させる事として一緒に楽しんでやってみたいと思います。


ヘネシー澄子先生の「愛着を深めるために:子どもと波長を合わせる方法」

2010年6月19日(土) IN たかつガーデン(大阪)

  • 子どもとの愛着を育てるために1つ1つやっていく事で効果があるのですね。
    1つ1つ細かく丁寧に教えて頂き良かったです。
  • 発達障がい之児童、知的に低い子も多く、脳の活性化になるような活動と、精神を安定させていけるような活動を教えて頂き本当に勉強になりました。
    私自身幼少期から合気道をしており、深呼吸の大切さを改めて実感しました。
    子どもの状況に応じて楽しみながら園の子にやっていきたいと思います。
  • リズムをとりながらゆったりト行う事でこんなにも体がスッキリし、落ち着くことを知りました。
    職場でも今回学んだブレインジムを活かしながら、子どもとの愛着を深めていきたいと思います。
  • 明日職場に戻り、すぐに実践できるものだと思います。
    早速チャレンジしてみようと思いました。
  • 体を使って楽しみながら子ども達と関係をつくる方法を、とても具体的に教えて頂けて良かったです。
    導入の仕方など工夫して実践に使えたらと思います。
  • 生活の中ですぐに子ども達と取り組めると思いました。
    楽しく学べたと思います。
  • 実際に体を動かしながら行え、とてもわかりやすかったです。
    ぜひ、また講演会に参加させて頂きたいです。
  • 今回このような機会を与えてくださり、大変感謝しております。
    私は大学生で教育者を目指しています。
    障がいの子ども達と向き合っていくのをこれを使いたいと思います。
    世年後先生のような先生になれるように頑張ろうと思っています。
  • 体を動かせて気持ち良かった。
    大人が主導権を握るのではなく、子どもに握らせる、勝たせる事を日々の中で忘れていたなぁと感じた。
  • 人と同じ動作をする。真似する。
    合わせようとする事で、全く知らない人とも通じ合える気がしました。
    メールや電話でのコミュニケーションが盛んな現在でも、もっともっと大切にしなければならない(子どもはもちろん大人も)コミュニケーションの1つだと感じました。
  • 体操も分かりやすく、よかったです。
    簡単な動きを積み重ねていき、愛着を深めていきたいと思います。
  • 私が働いている職場の中でも、子ども達の落ちつきのなさは目立ちます。
    ADHDの子どもや宿題でも集中できないことも多くあります。
    私たち職員は子ども達がどのようにすれば落ち着くのかといつも悪戦苦闘しています。
    トラウマを抱えている子どもは相手との関係性も取りにくい事も現実であります。
    子ども同士之関係や子どもとの関係を形成する事の必要性をあらめて感じられました。
    子どもを主導とし、楽しい時間を共有することで関係作りを行うことを知り良かったと思います。
    また脳を統合するためにいろいろな動作があることも知りました。
    現場でも、子ども達と試しながら行っていきたいと思います。
  • 実際、使ってみようと思いました。
    楽しく講演会に参加させて頂けました。
  • 子どもと波長を合わせつことで大人(相手)はその子どもに集中できよりその子どもの事を知ろうとする気持ちになれました。
    実践してみようと思います。
  • 話を聞くだけでなく実際に体を動かしたので、楽しかったですし、すぐ実践してみたいと思いました。
  • ヘネシー先生のお話はとても分かりやすく聞きやすく、また、体を動かして楽しく過ごすことができました。
  • てんかんで脳細胞が死んでいる、またまひがあるなど、様々な対象者にも活用できそうで、早く実践してみようと思います。
  • 分かりやすい実践で面白かったです。
    面接前、緊張している子どもに試してみたいと思った。
    自分のリラックス、集中法としても身に付きました。
  • 職場の保護者の方にも伝えることができるかもしれないと思いました。
    自分の周りの人も実践して肯定的な付き合いができればなと思います。
  • あっという間の2時間半でした。
    子ども達は注意を受けると反発的になるので、その前にブレインジムを入れて集中できるよう落ち着けるような工夫をして、楽しく愛着が築けるようにしてみたいと思います。
  • ひとつひとつの動きをゆっくり教えて頂いて、分かりやすかったです。
    ずっと体を動かして、スッキリとしました。
    愛着を深める運動もやってみて、実感することができました。
  • 自分自身やってみてとても楽しかったです。
    保育所で1歳児を受け持っているので、深呼吸から始め、できることからしてアレンジしてみたいと思います。
  • 体を動かしながらの楽しい研修でした。
    子どもと一緒にすることで様々な効果があったり、自分だけでもできる、ということが良かったです。
    また職場や家でもしてみたいと思いました。
    治療にも使われているとのことで、大変勉強になりました。
  • 人と呼吸を合わせる、動きを合わせ、リズムを知ると自分の事も分かるというか、つながることの、気持ち良さが楽しめました。
  • すぐに施設の子ども達に実施したい。
    施設の職員に教える。理由、説明がとてもよくわかりました。
  • 大人同士でもリラックスできて良い運動になりました。
    是非園でもしていきたいと思います。
  • 机上の講義ではなく、実践ですぐに現場で使えるものだったので、帰って早速実践してみようと思います。
  • 先生のほんわかしている雰囲気が本当にいいな〜と思いました。
  • 楽しい研修でとても参考になりました。早速子どもたちとやってみたいと思います。
  • ヘネシー先生の言葉がけがやさしく、とてもリラックスして受けることができました。
    身体が軽く、柔らかくなっていくのが分かりました。
    自分の波長だけを押し付けるのではなく、相手の波長も理解しながら合わせていく大切さを学びました。
  • トラウマを抱えたお子さんの事(気持ち)や、様々なアクティビティがどのように有効かよくわかりました。
    読み聞かせの時にはわらべ唄や手遊び等が主流ですが、今回教えて頂いたものを取り入れていきます。
    有意義な講演を有難うございました。
  • 日々の子どもとの活動に活かしていきたいと思います。
  • 自分自身もリラックスしながら相手と波長を合わせていくことで、つながって行けるというイメージが持てました。
    教育を志す娘と一緒に参加できて嬉しかったです。
  • とても良かったです。
    さっそく実践したいと思います。
  • 具体的にすぐ実践できる内容で、とても役に立ちました。
  • 実際に動いてしたので動きと話の説明がわかりやすかった。
  • 具体的に実際に動きながら体操ができて、忘れないように反復していきたいと思いました。
    こどもと、又、「こっこの会」にも取り入れていけたら、と思います。
  • 自分が体感してみて、とても気持ち良かったし、二人で真似っこする動きなど、とても楽しかったです。
    子どもならなおさら・・・と思いました。
    子ども主導をやってみたらきっと大はりきりで大喜びするでしょう。
    それでなおかつ脳が統合でき、集中能力を高めることができるのなら…と早速やって広めたいと思いました。
  • 前にもヘネシー先生の講義の時に脳の体操をして頂いた事があったのですが、こんなにしっかりと集中して教えて頂いたのはとてもラッキーでした。
    もう忘れてしまっている体操もあり今日は思いんだす事もできました。
    忘れないように使ってゆきたいです。
  • 脳科学に基づいて、愛着を深め、波長を合わせるワークを体験できて良かったです。
  • 発達障害を持っている子どもさんにできるメニューを提供していきたい。親子でできるメニューも提供していきたい。
  • 子どもと波長を合わせる方法はとても良くわかって良かったです。
  • 実際に身体を動かす事は子どもと一緒にできるような感じがしました。

LLCみらい

TEL/FAX:06−6324−1225

所在地:大阪市東淀川区東中島1−17−5

ステュディオ新大阪306

お問い合わせ