親と子の未来が明るく輝いたものになるように
妊娠中からの「こころの子育て支援」をいたします!
所在地:大阪市東淀川区東中島1-17-5
ステュディオ新大阪306
  1. 講演情報
 

講演情報

2010/12/28
小・中学校の先生のための冬休み合宿セミナー

 〜「虐待環境に育つ子」に優しい学校をめざして〜


日時:2010年 12月27日(月)10:00〜28日(火)15:00

場所:ホテルコスモスクエア国際交流センター

対象者:小学校教諭、中学校教諭他

参加費:35000円 (宿泊費、食事代、資料代他)

定員:30名



講師:池埜聡先生(関西学院大学人間福祉学部教授 )

    大塚美和子(大阪府教育委員会スクールソーシャルワーカー、関西学院大学他非常勤講師)

 

申込方法:

       「小中学校の先生のための冬休み合宿セミナー」申込み 

  @氏名 A所属 B担当 学年 C連絡先  住所 TEL /FAX メールアドレス 

  を記入の上 FAX 072‐761-9244 か メール yamada@llc-mirai.com でお申し込みください。

 締め切り  12月15日(水) までにお申し込みください。

 



                       プログラム

 12月27日(月)

  10:30〜         受付 

  11:00〜12:00 オリエンテーションと自己紹介

  12:00〜13:00 昼食会

  13:30〜17:30 講義とワークショップ       

            「愛着障害と発達障害の違い、その理解と教師の役割、対応の仕方」

  18:00〜19:45 懇親会

  19:45〜21:00 ナイトセミナー

            「愛着障害の子どもへの対応の仕方」



 12月28日(火)

  07:30〜8:30 朝食

  08:45〜受付

  09:00〜12:00 「スクールソーシャルワークの手法から学ぶ 子ども支援の実際

                  〜子どもと学校の力を活かすために教師ができること〜 」

              内容  「愛着障害の模擬事例による演習」

  12:00〜13:00 昼食

  13:10〜14:10 まとめ

  14:20〜15:00 振り返りと修了式



共催:LLCみらい NPO法人北摂こども文化協会




2010/12/12

  赤ちゃんとお母さんのメンタルケア〜愛着とこころの発達〜



 幼い子どもとそのお母さんを支える事は、その子の未来と人生に渡る幸せの土台を耕すことになります。

赤ちゃんは胎児期から感覚体験が始まり、胎児は羊水に包まれ、子宮に保護されながら、指しゃぶりや羊水遊泳おw楽しみ母の心音や声を聴いている事も知られています。こころと脳の発達はその子自身の資質と、それ以上に周囲の日々の環境要因の交流から来る総合的な影響が大きいと言われています。赤ちゃんにとって環境が安心で心地よいと感じられる時、脳も健やかに安定した脳構造を発達させやすいと考えられています。

 反対に否定され無視され傷つけられること、つまりネグレクトや虐待という居心地の悪い不快な刺激に満ちた生活は、その子の脳の発達を歪め、機能の悪い行動系を発達させ、葛藤を抱えながら生きる苦しい人生を歩むことになってしまいます。

 なぜ乳幼児期がそれほど重要なのか渡辺久子先生のお話から一緒に学びましょう!





日時:2010年12月11日(土) 13:00〜16:00



場所:新大阪ワシントンホテル (2F紅梅・桜) JR新大阪駅 徒歩3分 

                             地下鉄御堂筋線新大阪 徒歩3分

対象者:産婦人科医・小児科医・助産師・保健師・保育士・乳幼児に関わる専門職、子育て支援に関わる人他



定員:100名   受講料:4000円




LLCみらい

TEL/FAX:06−6324−1225

所在地:大阪市東淀川区東中島1−17−5

ステュディオ新大阪306

お問い合わせ