親と子の未来が明るく輝いたものになるように
妊娠中からの「こころの子育て支援」をいたします!
所在地:大阪市東淀川区東中島1-17-5
ステュディオ新大阪306
  1. 講演情報
 

講演情報

2011/11/22
     効果的な家庭訪問、子育て支援プログラムを学ぶ

          長所を活かした育児支援

    〜家庭訪問による子育て支援ソーシャルワーカーとは〜 

 乳幼児期という人間の基礎を築く大切な時期の養育をどのように支援していけばよいのでしょうか?

アメリカの多くの州で取り入れられている家庭訪問による育児支援プログラム「健康な出発 (ヘルシースタート)」は虐待予防に効果的で、親が安心して自分の子育てができるよう、長所に焦点を当てた支援プログラムです。そのヘルシースタートプログラムの紹介と日本での活用(「こんにちは赤ちゃん事業」「養育支援家庭訪問事業」等)を学ぶ講座です。



【日時】 A 2011年11月21日(月)10:00〜12:00 受付9:30〜

      B  2011年11月25日(金)10:00〜12:00 受付9:30〜



【場所】 A 大阪市立青少年センター 会議室 801 (JR新大阪駅 東口 徒歩5分)

     

      B  大阪市立総合生涯学習センター 第6研修室 (大阪駅前 第2ビル 5階)



【対象者】赤ちゃん訪問、養育支援家庭訪問他、地域で子育て支援に携わる方

      乳幼児に関わる専門職 他



【定員】 A 24名 B 27名

【参加費】 2,000円(資料代含む)

【お申込み方法】

 FAX 06−6392−1369 か メール yamada@llc-mirai.com で

 @参加者氏名

 A連絡先住所

 B連絡先 番号/Fax番号 mail アドレス

 C職種

 D所属

 を書いてお申込み下さい。申込受付後、参加証をお送りしますので、記入漏れのないようお願い致します。

【締め切り】 A 11月19日(土)  B 11月23日(水) 

【主催】LLCみらい/Happy Family Japan

2011/11/19
竹内一夫先生の

「人を育てるスーパービジョン」 〜あなたのアセスメント力大丈夫?〜

今児童福祉の現場、保育所や児童福祉施設では複雑な問題を抱えた保護者への対応や、被虐待児や発達障がいを抱えた子への関わり方など、新任職員だけではなく中堅の職員にとっても対人援助を行う専門職としての自己理解、自己洞察が出来ることが求められています。日常の中で、新人職員を育て、職員へのよりよい支援ができるようスーパービジョンのシステムの導入・充実が今必要になってきています。児童福祉の現場で子ども、保護者へよりよい支援ができるよう、対象理解と援助技術をどのように身につけ、スキルアップしていく事ができるのか…。スーパーバイザーの役割を担う職員の方を対象に、福祉施設の現場に強く、多くの施設幹部を育てた福祉の権威者竹内数を先生から学ぶ「スーパービジョンとは?スーパーバイザーの役割、そして、重要なアセスメントについて」学ぶスーパービジョン入門講座です。



日時:2011年11月18日(金)13:00〜17:00(受付12:45〜)



会場:大阪市立青少年センター(ココプラザ) 講義室505

    (JR新大阪駅 東出口より徒歩5分)



対象者:児童福祉施設主任・実習担当者 その他

定員: 40名   参加費: 5,000円(資料代含む)



お申込み方法

 「人を育てるスーパービジョン」参加希望 と @氏名(ふりがな) A所属 B連絡先 住所/TEL/ FAX

Eメールアドレスをご記入の上  FAX 06-6392-1369 又は メールyamada@llc-mirai.com  でお申し込みください















LLCみらい

TEL/FAX:06−6324−1225

所在地:大阪市東淀川区東中島1−17−5

ステュディオ新大阪306

お問い合わせ